「奮闘するたすく」のお話、読書感想文としてお勧めです!

パッと手に取った時、表紙のイラストから

「お年寄りと子供が同じ方向を向いて頑張る」

話だと感じられます。

裏表紙には頭からスカーフを巻いた外国人に見えるエプロン姿の女性も走っていて、気になりますよね。

読めば納得。デイサービスを舞台にしたお話でした!

総合的な学習の時間で福祉をテーマにしたことがある人なら

学習した内容をいかして感想文が書けます!

デイサービスなんて知らない・・・という人には、

デイサービスに通うお年寄りの様子をしることができます!

あらすじや感想文の書き方をまとめたので、参考になるとうれしいです!

スポンサーリンク

 

 

「奮闘するたすく」ってどんな本?

「奮闘するたすく」(講談社)は、高学年の課題図書(2018年)で、日本が舞台の物語です。

著者・・・まはら三桃(まはら みと)

装画・・・井筒啓之(いづつ ひろゆき)

まはら三桃って、どんな人?

作者のまはら三桃さんは、1966年福岡県北九州生まれの児童書の作家さんです。

『鉄のしぶきがはねる』という作品で、第27回坪田譲治文学書・第4回JBBY賞を受賞したそうです。

『鉄のしぶき…』は工業高校の(数少ない)女子が主人公で、「ものづくり」コンテストに出場するお話です。

こちらも魅力的な話ですよ。

 

「奮闘するたすく」ひとことあらすじ

小学校5年生の佑(たすく)が夏休みの自由研究で、祖父の通うデイサービス「こもれび」の様子をまとめることになり、デイサービスで色々な体験をするお話。

 

スポンサーリンク

主な登場人物

(たすく・野沢佑)

この物語の主人公。5年生。日記に祖父がデイサービスに通っていることを書いたことから、担任の早田先生に目をつけられ、夏休みの自由研究レポートとしてまとめることを頼まれます。そして、祖父の通うデイサービスで取材したり、お手伝いをしていきます。

 

大内善雄(おおうちよしお)

佑の母方の祖父。75歳。刑事として定年まで勤め上げた剣道の有段者。体も頑丈で同世代のお年寄りよりもしっかりしていて声も大きいのですが、2年半前に奥さんをなくし、一人暮らしを始めてから認知症が始まり、デイサービスに通うことになります。

 

一平(長尾一平・ながおいっぺい)

佑の友達。5年生。カメラマンとして佑と一緒にデイサービスに通います。将来お笑い芸人を目指しているお調子者。目鼻立ちのくっきりした昭和のアイドル顔で、デイサービスでも人気者になります。

 

林さん(林博子・はやしひろこ)

デイサービスセンター・こもれびの主任ヘルパー。ふっくらとしたにこやかなおばさんで、元気も良い。

 

リニさん

インドネシア出身の研修生。日本で介護福祉士になろうと勉強中で、こもれびで働いています。

元気で真面目でとても熱心。佑や一平にたくさんのことを教えてくれます。

 

早田先生(早田香苗・はやたかなえ)

佑と一平のクラスの担任。学校で一番怖い先生。身長150cmと高くはないけれど、柔道の有段者で強い。

目が鋭く、目からビームが出ていると佑は感じている。

 

キワ子さん

「こもれび」の2階、花の部屋に住んでいるおばあさん。まもなく、最期を迎えそうな様子です。

 

そのほかにも、デイサービスで働く人・通う人がたくさん出てきますよ。

 

スポンサーリンク

「奮闘するたすく」あらすじと結末ネタバレ

夏休みが間もなく来る7月。佑は担任の早田先生に声をかけられ、

デイサービスについてのレポートを夏休みの自由研究として取り組む

よう頼まれます。

お願いされたきっかけは、宿題の一行日記に祖父のデイサービスについて行ったことを書いたこと。

目力のつよい早田先生の頼みをことわれず、佑はうなずいてしまいます。

 

佑の祖父は、5月ごろから少し様子がおかしくなりました

一軒家に住む祖父が、近所の団地に住む佑の家に行こうとして

道に迷ってしまったのです。

道に迷った数日後、祖父は今度はやかんをコンロにかけっぱなしにして

危うく火事を起こしそうになります。

佑の母はすぐに市の介護センターに相談し、デイサービスを利用する申請をします。

プライドが高い祖父は、デイサービスを断ろうとするのですが、

家の中で転んでしまい、風呂に一人で入れなくなったことから

デイサービスを利用することになります。

 

夏休みが始まりました。

佑はカメラマンの一平と一緒に、祖父とデイサービスに通います。

数日前、祖父はお風呂の水を家であふれさせて、とても動揺していました。

とはいえ、祖父は自分の失敗を覚えていないので、デイサービスに行くことを納得していません。

でも、ヘルパーの林さんが祖父をバスに連れ込み、さらに佑と一平を乗せて出発します。

 

ケアハウスこもれびは2階建ての新しい建物でした。

最初、祖父は中に入ることを拒みますが、林さんが何とか説得し、建物の中に入りました。

靴をはきかえた祖父の前に、インドネシア出身でヘルパー見習いリニさんが現れ、

ハグ&キスで挨拶をします。

祖父は耳まで真っ赤になり、黙ってしまいました。

おとなしくなった祖父は、佐藤さんというヘルパーに連れられ、素直にお風呂に入りにいきました。

スポンサーリンク

 

祖父が風呂に入っている間、佑と一平はリニさんに施設内を案内してもらいました。

食堂の真ん中にキッチンがあったり、フロアには段差がなかったり階段の手すりが波型だったりと、

施設はユニバーサルデザインの工夫が随所に施されています。

 

2階は住んでいる人たちの部屋があり、1人部屋が並んでいます。

2階の一角に『花の部屋』と書かれた部屋がありました。

リニさんはその部屋の説明をしてくれませんでした。

(この部屋については、最期が近いお年寄りが時間を過ごす部屋だということが後ほど明らかになります。)

祖父が風呂から上がり、

今度はレクレーションに参加します。

『お猿のかごや』の歌に合わせて手をたたく簡単なゲームを一平が盛り上げ、

ホールは爆笑に包まれます。

しかし祖父は断固として遊戯を拒否し、ホールから出ていってしまいました。

プライドが許さなかったようです。

でも、記憶や行動には波があり、調子が良い日もあれば

全く覚えていられない日もあるようで、なんやかんやと言いながら

祖父と佑と一平はデイサービスに通い続けます。

 

ある日、早田先生も見学に訪れました。

早田先生はリニさんに、インドネシアの話や

介護福祉士の国家資格の話をインタビューします。

一緒に聞いていた佑と一平は、リニさんのノートを見て驚きます。

日本語・英語・インドネシア語まじりで、とても頑張って勉強していることが伝わってきたからです。

リニさんの話を聞いた早田先生は、佑と一平に、見学だけではなく体験することを提案します。

そして、佑と一平は、ヘルパー見習いとして働くことになりました。

 

ヘルパー見習いとしての初仕事は食事のサポート

メニューは同じでも、硬さや味付けに違いが施されていることに

佑たちは感心します。

食事やその他色々なお世話をする中で佑たちはお年寄りとふれあい、

お年寄りのことをより深く知っていきます。

 

また別の、祖父のデイサービスの日、

同じ施設に通っているおばあさんが行方不明になります。

元警察官の祖父が指揮をとり、

職員みんなで探すことになりました。

佑と一平は2階を担当します。

2階には誰もいなかったのですが、花の部屋から物音がしました。

緊張しながらも花の部屋に足を踏み入れる2人

花の部屋にはベッドがあり、

最期の時を間もなく迎えるおばあさん(キワ子さん)がいました。

行方不明のおばあさんはみつかり、一件落着となったのですが、

立ち入り禁止になっている花の部屋に入ったことを佑と一平は林さんに正直に話して

2人はキワ子さんの食事の世話をします。

キワ子さんは2人に世話をされて、久しぶりに楽しそうな声を出しました。

 

お盆明けの祖父の通所日。

レクレーションタイムは一平の司会で

カラオケ大会が行われました。

普通の歌も歌われますが、

昔懐かしの名曲の替え歌が大人気。

お年寄り世代共通の思い出で、みんなが歌うことができるからです。

 

夏休み最後の日、地元のお笑い芸人”笑いのるつぼ”がやってきました。

一平はこのコンビの大ファンで、司会と前座を務めることになり、大はりきりです。

替え歌で盛り上がった後、いよいよ”笑いのるつぼ”のステージ。

ホールは大爆笑に包まれます。

その笑いは、きっと2階の花の部屋にも届いていると、佑は信じています。

 

(おわり)

スポンサーリンク

 

読書感想文のヒント

デイサービスがやっぱり大きなテーマにできますよね。

自分のおじいちゃん・おばあちゃんがもしデイサービスに通っていたら、

おじいちゃん・おばあちゃんにインタビューしてみましょう。

実際のデイサービスの様子と、物語の舞台と比べるときっと面白い感想文になりますよ。

外国人労働者の問題についても考えられますね。

リニさんはインドネシアから来て働いています

リニさんが取ろうとしている介護福祉士の国家資格は、

外国人には2回しか受験のチャンスはありません。

2回とも落ちてしまったら、国に帰るしかないのです。

日本政府は真面目で優秀な人だけを求めていることが分かりますね。

これから、リニさんのような看護師や介護福祉士は増えていきます。

その原因・理由を考え、これからの日本を考えると、

とても深いテーマの感想文になりますよ。

つまり、日本はこれから超高齢化社会を迎えて、

介護や医療の世界で働く人が不足していくのです。

外国の人たちとのコミュニケーションを上手にとりながら

生きていかなければならない時代になることをまとめましょう。

認知症について考えてみましょう。

認知症はなってしまったお年寄り自身も大変です。

なぜなら、してしまったことを忘れてしまうから。

好調な時・不調な時の波があるので

自分がしたことを忘れて「わけがわからない」不安

お年寄りにはあるのです。

周りの家族も大変です。

どれだけ説得しても、

また同じことが起きてしまう。

これはつらいですよ。

物語の中でも

祖父の困り感家族の徒労感

良く描写されています。

 

スポンサーリンク

 

ポイントは「比べる!」

物語の内容と、自分の経験を比べることで、

より自分の考えが深まります。

比べるポイントを考えながら、感想文にまとめていきましょう。

 

こんな順番で書くと「読書感想文」としてまとまります!

①自分の経験(介護・デイサービス・祖父母のこと)を具体的に書く

もし身近にデイサービスや特別養護老人ホームに行っている人がいれば、

お年寄りの話を直接聞いてみましょう

どんなことを楽しみにしているのか。

どんな人生を送ってきたのか。

それぞれの人にはそれぞれの人生があります。

人生を語ってもらうことはとても勉強になります。

②物語の祖父の心の動きについてまとめる。

佑の祖父は元警察官でした。

しっかりした体、しっかりした頭でバリバリ働いていた人が、

道に迷ったり、お風呂のお湯をあふれさせたり、やかんを空だきしたりしたら、

とても不安になりますよね。

おまけにしてしまったことを覚えていたり、覚えていなかったり。

自分なら「私は大丈夫なのか?」と思ってしまいますね。

③認知症のお年寄りに対する接し方を考える。

佑の祖父は、自分が認知症だということが素直には認められません

自分は少し衰えてきているけれども、しっかりしていると思っているからです。

でも、それは当然ですよね。やってしまったことを忘れてしまうのですから。

忘れたことは意識にのぼってきません。

だから、例えば道に迷ってしまった時

「なぜこんな所に自分がいるのか」

となって困ってしまったのです。

でも、やっぱり迷った事は忘れてしまうので

自分はしっかりしているはずだと思うのです。

④リニさんの言葉を使って、ポイント(お年寄りは、2度目の子ども時代を生きている)をまとめる。

リニさんは、お年寄りのことを「二度目わらし」ということを教えてくれました。

2回目の子どもという意味です。

確かに、子どもと同じで、だれかのサポートが必要な人たちが

デイサービスに来ています。

ちがう所は長い人生を送ってきて、たくさんの経験をしていること。

たくさんの経験を伝えてもらえると、きっと自分の役に立つことがあります。

人生を積み重ねてきたお年寄りの知恵への尊敬を表現しましょう!

⑤自分がどのようにお年寄りと関わっていくかを考える。

それまで、デイサービスなどに通うお年寄りのイメージがこの本を読んで変わったことを

まとめましょう。

お年寄りは体や記憶力は衰えてきたけれど

人生を楽しんでいる人がたくさんいることが分かったことを伝えましょう。

そして、お年寄りをサポートする仕事も、やりがいがありそうだと感じたことを書きましょう。

⑥これからの日本の様子について予想し、自分がどうしていくかをまとめる。

今、私たちが住んでいる日本は、超高齢化社会を迎えようとしています。

お年寄りはこれからも増え続けます。

サポートする若い人は増えません。

私たちは、お年寄りに対する尊敬の気持ちを忘れずに

お年寄りたちも幸せに生きられる社会を作っていこうと思うということを

最後にまとめていきましょう。

そして、自分自身も、お年寄りが幸せに生きられるための工夫をしていきたいことを

まとめて作文を終わりましょう。

もし介護福祉士を目指すなら、将来の仕事についてまとめましょう

直接介護の仕事を目指すのではなくても、バリアフリーの開発とか、

社会的弱者にも配慮された社会を作るなど

目指すことを書いて終わりましょう。

 

最後に

デイサービスでヘルパー見習いとして仕事をした佑は

働いた経験が、将来の職業選択につながるでしょう。

そして、この本を読めば

あなたも自分の将来について考えられるでしょう。

将来について考えたことを読書感想文にまとめることで、

あなた自身がきっと成長できます!

作文は心をまとめる作業です。

頑張って下さい!

スポンサーリンク