小学校 漢字 書き順 アニメーション      

小学校1年生から6年生までに習う「漢字の筆順アニメーション」

光村図書の教科書に出る順で並べたので、授業で即使えます!

電子黒板を有効活用して、分かりやすい授業にしていきましょう!

 

漢字筆順アニメーションの著作権(作成者)と目的

筆順アニメーションは、ぼくの完全オリジナルではないので、最初に紹介しておきます。

元ネタは、マイクロソフト作成のパワーポイントです。

使用に際して必要なので、下の文章をまず紹介しておきます。

この書き順付き文字スライドは、近藤武夫・中邑賢龍 (東京大学先端科学技術研究センター) とマイクロソフト株式会社の共同研究により開発されたものを使用した。入手先は 「PowerPoint 活用サイト」を参照。

 

営利目的でなければ加工OKということでしたので、光村図書の教科書順に漢字を並べ替え、学期ごとにまとめました。

授業で活用して下さい。

自分は1年ほど使ってみましたが、並べ替えたことで、授業での使い勝手はとても向上しました。

 

漢字筆順アニメーションの使い方

下の方法で操作すれば、漢字の「そらがき」を動画で見せられます。

操作方法

  1. 学習したい学年のファイルを開く。
  2. 学習したい漢字を選び、「現在のスライドから」スライドショーを選ぶ。
  3. キーボードの上下矢印を操作して、筆順を確認する。

 

前後の操作を何度か行い、必要な回数だけ進んだり戻ったりして提示しましょう。

教室で使うPCに保存しておくと、いつでも使えますよ。

 

漢字筆順アニメーションのダウンロードの仕方

下のフレーム内でも操作できますが、

教室で使うために、

フレームの右下にある「メニュー」から、お使いのパソコンにダウンロードして下さい!

では1年生から6年生まで順になっていますのでどうぞ!

1年の漢字筆順アニメーション

(1)

 

(2)

 

 

2年の漢字筆順アニメーション

(1)

 

(2)

 

(3)

 

3年の漢字筆順アニメーション

(1)

 

(2)

 

(3)

 

4年の漢字筆順アニメーション

(1)

 

(2)

 

(3)

 

5年の漢字筆順アニメーション

(1)

 

(2)

 

(3)

 

 

6年の漢字筆順アニメーション

(1)

 

(2)

 

(3)

 

最後に

教科書が改訂されると、漢字を習う順番は変わります。

また、次の学習指導要領から小学校で習う漢字の数は増えます。

教科書の改訂に合わせて、アップデートするつもりですので、

マイクロソフトさんが、都道府県の漢字の筆順を公開してくれることを、ぼくは早くも期待しています。

電子黒板が普及し始めた今こそ、活用して

分かりやすい授業を目指しましょう!

 

おまけ情報(漢字カードが簡単に作れる!)

パワーポイントで全部の漢字が並んでいるので、

「配布資料」としてプリントアウトして切り分ければ、

漢字カードがすぐに作れます。

教室掲示にしてもいいし、

カードゲームの材料にしても使えますよ。

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク