子どもって、言葉足らず

説明が分かりにくいこと、多いですよね。

分けが分からず、イライラする親は教師は多いです(笑)

イライラを減らすために、子どもが楽しく大人も楽しく

「いつ、どこで、だれが、なにを、どうした。」

表現力を高める遊びを紹介します!

 
スポンサーリンク

 

子どもの言葉が伝わりにくい理由

子どもの言葉が理解しにくいのは

子どもがキーワードしか言わないことが多いからです。

例えば・・・。

子供「怒られた。」

大人「?。だれに?」

子供「お父さんに。」

大人「なぜ?」

と、大人が質問を続けること

子どもが言いたかったことが明らかになっていくわけですね。

でも、子どもの表現が足りないのは

表現方法を練習していないから

です。

具体的に言うと

5W1H(いつ・どこで・だれが・なにを・どのように・どうした)

を意識しながら話すということです。

ということで、5W1Hの力を高める遊びを紹介します。

 

スポンサーリンク

「いつどこでだれがあそび」」シートで遊ぼう

下の表を用意して、遊びを始めます。

画像とPDFを用意したので、使ってみて下さい。

5W1Hsheet

では、やり方を説明します。

①まずは作文

例のように、①~⑤に作文をしていきます。

できるだけバリエーションをたくさん作ると

後でより面白くなりますよ。

ここは、大人が手助けしても大丈夫です。

手助けをすることで、文のパターンを子どもは身につけることができます。

 

②ずらして紹介

できた作文を斜めにずらして読んでいきます。

①いつ→②どこで→③だれが→④なにを→⑤どのように→⑥どうした

という風にしてもいいですし、

さいころなどを使って、①は・・・とランダムに選んでも面白いですよ。

 

スポンサーリンク

実際の例

では、実際に作文してみます。

①きのう 体育館で さくらさんが バスケットを がんばって した。

②今年 ロシアで  日本代表が 試合を   正々堂々と 戦った。

③去年 ISSで   宇宙飛行士が 科学実験を 楽しく  中継した。

④2時間目 音楽で あきらくんが  ピアノを  かっこよく 弾いた。

⑤昼休み グラウンドで 3組のみんなが 鬼ごっこを 時間一杯 楽しんだ。

⑥夕御飯の時 食卓で お父さんが ビールを  一気に 飲み干した。

できた作文を、ずらして読んで楽しみましょう。

 

①いつ→②どこで→③だれが→④なにを→⑤どのように→⑥どうした。

きのう、ロシアで、宇宙飛行士が、ピアノを、時間一杯、飲み干した。

荒唐無稽な文章になりますね。

受けること間違いなしです。

 

逆に、うまく文章として成立すると、また感動があります!

昨日 グラウンドで 日本代表が ビールを かっこよく 楽しんだ。

なんだか、コマーシャルの撮影をしていたのかな・・・

とも思える文章になりましたね。

 

色々な文章ができることで、子どもは

言葉のつながりについての意識を高めることができます!

しかも、楽しみながら。

 

スポンサーリンク

作文は頭の中のもやもやを言葉に直す作業

言葉で表現するというのは、

頭の中の絵やイメージを言語化するということです。

 

言語化する作業はトレーニングを繰り返すことで

子どもたちはより細かく、詳しく描写ができるようになります。

詳しく表現する力が

楽しい遊びの中で高めていけるといいですね!

 

「いつどこでだれが」遊びが

子どもが力をつける役にたてば幸いです。

 

ちなみに添付したシートですが

「どのように」を書くのが難しいかもしれません。

そんなときは、子どもの実態に応じて

シートを作りかえるのもいいですね。

色々工夫してみてください!

スポンサーリンク