児童虐待・戦争など、

重いテーマが扱われていますが、

主人公の成長に思わず涙してしまう

素晴らしい作品でした!

どうせ読むなら

感動する本で読書感想文を書きたい!

と思っている人にお勧めです!

 

 
スポンサーリンク

「わたしがいどんだ戦い 1939年」ってどんな話?

「わたしがいどんだ戦い 1939年」は、2018年の高校生の読書感想文課題図書です。

アメリカの作家キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリーさんが2016年に発表した作品で、

テーマは戦争・児童虐待・少女の成長です。

キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリーさんはどんな人?

キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー(Kimberly Brubaker Bradley)さんは、1967年、アメリカのインディアナ州出身の作家さんです。

大学では化学を専攻したそうですが、子供のころから読書や書くのが好きだったので、卒業後は編集者として仕事をしながら夜間や週末に小説を執筆していたということです。

この「わたしのいどんだ戦い 1939年」でアメリカの子供向け文学を対象にしたニューベリー賞で次点、さらに、障害を扱った児童文学を対象にしたシュナイダー・ファミリーブック賞を受賞しました。

今までに17冊の本が出版されていて、たくさんの賞を受賞しています。

アメリカの田舎の農場で暮らしていて、馬を飼っているので、牧場での経験がこの物語にも役立っています。

 

主な登場人物

エイダ(エイダ スミス)

この物語の主人公の10歳の少女。最初はロンドンの場末のアパートに住んでいました。

先天性内反足(足が内側にねじれている状態)が原因で母親には虐待され、部屋から出たことはありませんでした。

第2次世界大戦に備えた学童疎開をうまく利用して家を脱出。

里親のスーザンに育てられ、少しずつ心を開き、成長していきます。

 

ジェイミー(ジェイミー スミス)

エイダの弟。6歳。飛行機好きのわんぱくな男の子。

エイダの心の支え的存在です。

 

スーザン(スーザン スミス)

エイダとジェイミーの里親。

オックスフォード大学出身のかしこい女性ですが、

同居人だったベッキーが亡くなってから心をふさいて3年間を過ごしていました。

里親としての責任をしっかり果たし、エイダとジェイミーを成長させていきます。

同時に、エイダとジェイミーのおかげで、彼女も心を開くようになりました。

 

母さん

夫を造船所の事故で亡くしたエイダとジェイミーの母親。

生活するのに手いっぱいで、子ども2人を足手まといと思っています。

特にエイダを「奇形」と思っているので家から一歩も出させませんでした。

(この母さん、やっていることはひどいのですが、必死で生きている様子も感じられ、

一概に、ただの「悪人」とは思わない方が良いと思います・・・)

 

バター(ポニー)

スーザンの家に飼われている小型馬のポニー。

ほぼ放置されていましたが、エイダが世話をして

エイダを乗せて走ったり跳んだりできるようになります。

 

フレッドさん

エイダに馬の世話の仕方などを教えてくれる

エイダの友達のマーガレットの家の使用人。

 

ひとことあらすじ

戦時の混乱にまぎれて疎開した少女が少しずつ心を開き成長する物語。

 

スポンサーリンク

主なあらすじ(ネタバレです)

1939年、イギリスは第2次世界大戦に参戦するかどうかの瀬戸際です。

ロンドンの薄汚いアパートに母親と娘・息子が暮らしていました。

娘の名前はエイダ。

先天性内反足で、母親に虐待を受けています。

アパートから出たことのない彼女は文字も読めず、外とのつながりはほぼありませんでした。

彼女は、「戦い」としてアパートから脱出することを決意します。

丁度、弟のジェイミーたちの学童疎開が計画されており、

学校に行っていないエイダも他の子ども達にまぎれて疎開するのです。

 

計画は成功します。

エイダとジェイミーは、ケント州の村に疎開を果たします。

ただ、とてもみすぼらしい姿の2人には

引き取り手が見つかりませんでした。

担当していた女性は2人を1人暮らしをしているスミスさんの家に連れて行き、

無理やり引きとらせました。

 

スミスさんは、2人を「人」として接します。

毎日お風呂に入れたり、1日3回の食事を出したり・・・。

ある意味当たり前のことですが、今まで極貧の生活、

しかも虐待を受けていた2人には

素直に受け入れることができませんでした。

「これは私にはふさわしくないことだ」

と考えてしまうエイダは

たびたびパニック症状を起こしてしまいます。

でも、スミスさんの毎日の接し方がよく、

2人は少しずつ心を開いていきます。

スポンサーリンク

 

スミスさんの家で飼われていたポニーのバターは、

エイダに世話をされ、エイダを乗せていろんなところに行けるようになります。

 

スミスさんはエイダに服を買ったり、繕ったり、プレゼントをしたりしますが、

エイダは素直に受け取れません。

理由はエイダが虐待を受けて育っていたために、

素直に本心を表現できず、自尊心が低いためです。

でもやがて、「スミスさん」を「スーザン」とファーストネームで呼ぶようになってから

少しずつエイダの心は開いていきます。

 

スーザンはエイダがかしこいことを見抜き、文字・裁縫など、色々なことを教えます。

エイダは素直ではないながらも、少しずつ成長していきます。

そして自分が

「奇形」だからといって、頭がおかしい訳ではない

ことを分かっていきます。

 

エイダたちが住んでいたのはイギリス南東部ののケント州。

ケント州は、大陸(フランス)に最も近い場所にあり、

国土を守る重要なポイントでした。

だから飛行場もあるのですが、大陸で戦うイギリスをはじめとした連合軍が

フランスのダンケルクからの撤退を始めた時、

エイダの村はたくさんの撤退兵を受け入れます。

エイダは、負傷兵の世話をします。

負傷兵は傷つき、不潔で大変な状態ですが、

エイダは世話を続け、心も強くなっていきます。

 

ある日、バターに乗ってエイダは丘から海を眺めていました。

海の上に見つけたのは、ボートで海を渡ってくるスパイでした。

エイダは警察に通報し、スパイは逮捕されました。

エイダは一躍村の英雄になります!

 

スポンサーリンク

空襲があったり、パイロットがなくなったりと大変なことがあるものの、

村での暮らしはエイダたちにはとても充実したものでした。

エイダがバターを走らせ、ついにジャンプまでできるようになった日、

ロンドンから母が2人を迎えに来ます。

母は、

疎開する2人にお金を払わなければならないことが許せず、

引きとりに来たのです。

 

エイダとジェイミーの2人は、ロンドンに戻り、

再び母親の暴力の元での生活が始まります。

しかし、エイダは強くなっていました。

「わたしたちは家を出ていく。

お母さんはこれ以上お金を払う必要はない。」

ことを母親に伝え、家を出ていく決意をします。

 

母が仕事に出た夜、ドイツ軍の空襲がありました。

必死に逃げるエイダとジェイミーは、なんとか防空壕に逃げ込み、

無事に一夜を過ごします。

 

空襲の翌日、防空壕を出ると、破壊された街が広がっていました。

がれきの中で2人の前に表れたのはなんと、スーザンでした。

ケント州の村から、ロンドンまで2人を探しに来ていたのです。

抱き合う3人。

3人は、村まで戻ります。

 

村に戻ると、

スーザンの家はなくなっていました。

ドイツ軍の爆撃で破壊されていたのですが、

エイダとジェイミーを探しに行っていたために

スーザンは助かったのです。

出会えた奇跡、助かった奇跡に

スーザンもエイダもジェイミーも、

村のみんなも大喜びです。

(終わり)

(ダイジェストでまとめましたが、原作を読むときっと感動しますよ!)

 

スポンサーリンク

読書感想文のヒント

・母さんとスーザンを比べ、さらに自分のこと、日本のことを考えてみましょう。

母さんとスーザンは

子育てに対するスタンスがはっきりと異なります。

母さんは、日々の生活に手いっぱいです。

だから、「奇形」の子どもを育てるのは、ただお金のかかることで、やりたくないことなので、

いらいらしながら、時に暴力を使って育てます。

スーザンは友を失い、失意の中で生きているものの、遺産があります。

だから、子どもに必要なものを与えるなど、人として尊重して育てます。

どちらが望ましいかは明らかですが、

エイダの母さんのような子育てをしている親は

日本にもたくさんいることを考えていくと

読書した内容から「今」につながっていきます!

 

・虐待された子が、心を取り戻すまでの過程に注目しましょう。

エイダは児童虐待を受けていた子です。

物語の中で、エイダは強い意志を持って「戦う」ことで母の元を脱出しました。

現実で虐待されている子どもの多くは、心を閉ざし、逃げ出せる可能性を信じず、

閉じ込められたままで過ごしてしまいますが、

エイダは脱出に成功しました。

でも、引きとられた先でのエイダの言動は、虐待をうけた子供らしく、

自己肯定感も低く、素直でもなく、

良いことをされた時にもパニックが襲います。

防空壕でも、

閉じ込められた時の記憶がフラッシュバックしてしまい、

叫んだり震えたりと、パニックを起こしたり、心を閉ざしたりしてしまいます。

読んでいてあまりのリアルさに驚きましたが、

作者自身も虐待の経験者

ということで、少し納得しました。

心の傷(トラウマ)をいやすためには、とても時間がかかること、

そして理解者が必要だということをまとめる

と、説得力のある感想文になりそうですね。

 

・日本とイギリスの戦争時の状況を比べてみる。

学童疎開、鉄製品の徴収、配給、女性の活躍、広い土地を畑に転用など

戦時体制って日本だけのものかと思っていたら、

イギリスでも似たような事をしている

ことが、この本を読むとわかります。

戦争がもたらす状況や悲劇について、

そしてその混乱を利用して疎開することができたエイダの機知について語る

と、良い感想文になりそうですね。

ちなみに原題はThe war that saved my life(私の人生を救った戦争)ですが、

エイダにとっては戦争の混乱が自分の人生を変えるきっかけになっていますね!

 

スポンサーリンク

 

こんな流れで読書感想文を書いてみてはどうでしょう

①今の日本で起こっている「児童虐待」の事件を取り上げましょう。

「子どもの貧困」「児童虐待」に関するニュースは日本でもよく取り上げられています。

食事を制限されていたり、暴力を受けていたり。

最近のニュースを調べ、

虐待が起きた背景について考えましょう。

そして、あなたなりに原因を考えてみて、まとめましょう。

②エイダが育っていた環境を考えましょう。

エイダは虐待されて育ちました。内反足という「奇形」を持って生まれたのが原因です。

「奇形」を恥と考える母親はエイダを家から出させず、食事も満足に与えません。

母の偏見は、きっと教育が足りなかったことと、お金がないこと、

そして父親(相談相手)の不在などが原因だろうと、まとめましょう。

③スーザンのもとでエイダが心を開くまでの様子をまとめましょう。

「戦い」の結果、エイダはロンドンの母親の元をはなれ、

ケント州の村に疎開します。

村ではスーザンに引きとられ、スーザンは子供たちに必要と考えるものが与えられます。

服・下着・食事など、自分たちからしたら「当たり前」のものですが、

たくさんの「もの」を持ったことのないエイダにはなかなか受け入れられません。

理由は、自尊心(自分はここにいていいんだという安心感)が育っていないから。

防空壕ではロンドンで閉じ込められていた記憶がフラッシュバックし、パニックになります。

スーザンはパニックを起こすエイダを毛布でくるみ、抱きしめ続けます。

何度も抱きしめ続けられるうち、エイダは少しずつ落ち着いていき、

心を閉ざさずに過ごせるようになっていきます。

④子どもを育てるために大切なことを考えましょう。

ここで、

自分がどのように育てられてきたかを振り返ってみましょう。

家庭の状況は人それぞれですが、自分は愛情を受けて育ってきたでしょうか。

それとも大変な家庭環境でしたか?

ここは、あなた自身のエピソードで、読者を引き込めるといいですね。

そして、

エイダのように虐待されて育った子が、

心を開き、自分の人生を取り戻すまでには大変な時間と愛情が必要だ

と言うことを書いてまとめましょう。

⑤日本でも虐待がなくなっていない現実を踏まえ、自分にできることを考えましょう。

最初の段落で書いたように、日本にもまだまだ虐待された子どもたちはいます。

では、

虐待をなくすためにはどうしたらよいのかを考えて終わりましょう。

例えば、

子育てをする母親が孤立してしまわないように、周りが協力すること。

子どもが少々騒いでも、許容できる雰囲気を作ること。

きっと、母親に少しの余裕ができることで、

子育ての質は変わってくるでしょう。

あなたなら、将来何ができそうですか?

自分にできること、自分がどうなりたいかをまとめて、

読書感想文を仕上げましょう。

 

最後に

実際に虐待を受けて育った子は

きっとエイダのような「戦い」で外の世界に出ることは難しいです。

また、虐待は家庭内で行われることなので、

外からは見つけにくいです。

でも、この作品を読むことで

虐待はどんなものなのか、

虐待を受けた子供の心はどんなものなのか

を、きっと考えることができます。

知らなかったことを知れるという意味で、やはり読書は有用ですね!

ちなみに、もうすぐ、アメリカではこの作品の続編が出版されるそうです。

日本語訳が出るのが待ち遠しいですね!

 

おまけ

高校生の2018年の課題図書

「いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて」

も同じ時代を扱った作品です。

フィクションとノンフィクションの違いがありますが、

両方読むと

イギリスの状況、フランスの状況の違いを感じられますよ。

どちらも、一読に値する本です!

両方とも是非読んでみてください!

スポンサーリンク