天才少年が「IQ150!」と紹介されることがありますね。

逆に、うちの子はIQが低いから・・・と悩む人もいるかもしれません。

賢さの目安として使われるIQは検査で出されるものですが…

ここではお遊びのIQ検査の話ではなく、発達検査WISCによってわかる
IQ(知能指数・Intelligence quotient)が何を意味しているのかを解説します。

 

 

スポンサーリンク

IQ(知能指数)とは

IQとは、普通の人に比べて、その人がまん中からどれぐらい離れているかを意味しています。

100を標準として考えているので

120を超えたら「かなり知能が高い≒賢い」

130を超えたら「相当知能が高い≒すごく賢い」

と言えるでしょう。

IQ130を超える人は100人いたら2人程度と考えられています。

ということは、

IQ150というのは、2500人1人程度

と考えていいかもしれませんね。

逆にIQが80より低いと「知能が低い」とされるわけです。

以下にIQを出す検査と、解釈の仕方についてざっくりと紹介していきます。

 

スポンサーリンク

良く使われる知能検査WISCとは

ここではWISC(児童向けウェクスラ―式知能検査)を例にあげます。

WISCは日本では超メジャーな知能検査で、

小児医療・心理・教育関係など、様々な機関で利用されています。

いわゆるIQは、この検査での数値が使われていると思われます。

WISCは6才から16才を対象とした知能検査です。
(対象年齢でない場合は、K式発達検査でDQ(発達指数)を調べる方法もあります。)

第4版の場合、10+αの検査項目を実施します。

検査の順序や問題は決まっていて、年齢により検査問題が異なる訳ではなく、

どこまでできるかで、スコアが変わってきます。

つまり、たくさん解ければその分評価点(IQ)が上がるということですね。

WISCでは、IQ(知能指数)でざっくりとした結果を見ます。

数字だけで言うと、

IQ80~120の間に80%の人が該当します。

得意苦手があったとしてもこの範囲の人はいわゆる「普通の人」と思われます。

では、IQが80より低い場合はどうでしょう。

IQが80より低いということは、スコアが顕著に低いという事で、

知能のどこかにハードルがあるということかもしれません。

逆にIQが120より高いということは、

トータルな能力がとても高いということです。

IQが130を超える人の割合は全体の2.2%程度しかおらず、

相当「賢い」ことが予想されます。

IQ150という数字が出たなら、

出した人は本当にいわゆる天才かもしれません。

ただ、あくまでもIQは数値でしかなく、

社会性とか生活力とかが分かる訳ではありませんし、

テストで表わされる学力と直結するわけではありません。

さらに、IQを出す検査は他にもあり、検査による数字のばらつきは考えられるので

あくまで「参考」でしかないですよ。

スポンサーリンク

IQと学力の関係

IQが高いけれど、学校のテストの点数は低い

という人はたくさんいます。

理由はいろいろ考えられますが、

IQはあくまでも可能性・能力で

テストは努力や理解したことの結果

という違いがあるかもしれません。

つまり、力はあるけれど努力していない

可能性がある訳です。

ただ、

IQは低くなく、本人がとても頑張り屋で

学習もコツコツ積み上げているのに結果が出ない

という人もいます。

その原因も色々考えられますが、

もしかするとその人は

LD(学習障害)かもしれません。

やり取りは普通なのに

「読む」「書く」などの特定の能力だけにハードルがある

子は、実際にいます。

IQを知ることは、子どもの様子を詳しく見るための

手がかりの一つとして有効だといえますよね。

 

スポンサーリンク

最後に

WISCをここでは紹介しました。

WISCは事実上、病院や教育関係で必ず行われるほどメジャーな検査ですので、

その数字の意味を理解しておくことは、子育て上有効です。

ただ、IQも大切ですが、

子ども個人個人の持つ特性を理解する方がより大切です。

人はそれぞれ得意なこともあれば苦手なこともあります。

得意や苦手を把握して、トータルで成長をサポートできるといいですよね。

賢さの目安として表現されるIQ(知能指数)ですが、

その数字が独り歩きしないように、気をつけていきましょう。

スポンサーリンク