この記事では、小学校低学年の学習発表会におすすめな

「ブレーメンの音楽隊」の台本を無料公開しています。

 

テーマは「友情・協力」なので、

子どもの発表にぴったりです。

 

そのまま使える台本と、おすすめの劇中の音楽も紹介しているので

チェックしてみて下さい。(^^)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ブレーメンの音楽隊アレンジシナリオ

グリム童話で有名な「ブレーメンの音楽隊」を

アレンジしてシナリオを作りました。

落語のテイストや他の物語の要素も織り込んだので、

楽しく演じてもらえると思います。

 

実際に劇を子供たちにやってもらいましたが

保護者の方々にも楽しんで頂いて、大成功でしたよ。

こちら↓↓が、劇のシナリオです。

ブレーメンの音楽隊シナリオ

クリックするとpdfのページに飛ぶので、プリントアウトやダウンロードして

是非、シナリオを使ってみてください。

スポンサーリンク

 

 

ブレーメンの音楽隊って?

ドイツの北部の町、ブレーメンあたりが舞台の童話です。

年老いて役立たずになった動物たちが仲間になり、

音楽隊に入ろうとブレーメンに向かうお話です。

 

登場人物(このシナリオでの)

今回の劇では、他の童話や物語の設定も取り入れています。

  • ロバ・・・映画「シュレック」で大活躍したドンキーが年老いて役立たずになりました。
  • イヌ・・・昔は「ももたろう」で活躍した犬ですが、年老いてしまいました。
  • ネコ・・・もともとは「ながぐつをはいたねこ」のネコで、もう役立たずになったようです。
  • ニワトリ・・・オスなのに、金の卵を産んでいたという設定にしてみました。
  • どろぼう・・・おまぬけな落語の登場人物をイメージしています。

子どもたちにもなじみのある作品の登場人物にしているので、

キャラ設定を確認するためにも、色んな童話を読み聞かせしてやって下さい(笑)。

 

発表会におすすめな理由

テーマが「友情」という意味でもおすすめですが、

演じる子どもにとってもやりやすい理由があります。

  • 登場人物が複数で、一人あたりの負担が小さい
  • くりかえしの場面設定なので、セリフを覚えるのが楽
  • ハッピーエンドで楽しい。

お話そのものは単純なので、ストーリーを覚えたら

子どもたちはきっと生き生きと演じることができますよ。(^^)

スポンサーリンク

 

おすすめの曲・音楽

ちなみに劇で使う音楽の楽譜は

「作曲家:櫻井よし乃さんの公式ページ」でお世話になれました。

櫻井よし乃さん、素晴らしい曲を作られています!

学芸会など、非営利の目的であれば

自由に使っていいようですが、

やはり使う場合はご連絡差し上げましょう!

楽しい曲なので、きっと、子どもたちがずっと口ずさむ曲になります。

公式ページには連絡ボタンがあるので、ボタンをポチッとクリックして下さいね。

 

最後に

発表会や学芸会のシナリオ、

子どもに合わせて毎回考えるのは大変でが、

だからこそ、その子たちが

生き生きと演じることができるんですよね!

クラスや子どもたちに合わせて

より楽しいシナリオに仕上げて下さい。

成功することをお祈りしています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク