カビにアルコールが効かない?!

本当のところはどうなのか、微生物大好きな私が解説します!

カビをアルコールでやっつける効果的な方法には、コツがあります!

なぜそんな方法で処理しないといけないのか、カビっていったいどんな性質なのか

カビの真実にせまります!

 
スポンサーリンク

結論:カビにアルコールは効くのか?本当のところ

微生物大好きで、大学では生物工学科を先行していた私、Tamakoがぶちまけます。

 

カビに、アルコールは・・・

効くけど、効きません!

「効くけど、効きません!」って何だよ?!って思いますよね。(;^ω^)

その「効くけど、効かない」理由は、アルコールの使い方にあるのです。

 

では、カビをアルコールで死滅させる方法とは・・・

 

カビをアルコールで殺菌する方法とコツ

早速、カビをアルコールで死滅させる方法を紹介します。

 

カビを消毒用のアルコールで殺菌するためには

スプレーで一瞬だけシュッ東京やっても効果はありません。

 

だから、消毒用アルコールで代表的なカビを殺菌するために、必要な時間を表にまとめました。⇩

  日局消毒用エタノール
20v/v%イソプロパノール添加63v/v%変性エタノール液
クロコウジカビ 2.5分 2.5分
ペニシリウム・シトリヌム 10分 10分
アウレオバシジウムプルランス 30分以内 30分以内

主なカビをアルコールで殺菌するには、2.5分から30分以内

消毒用アルコール(エタノール)に漬け込む必要があります。

 

カビを殺菌するために、消毒用アルコールに浸す時間は、2.5分から30分以内ってかなり長く感じます。
そして実際に、2.5分~30分ほどつまり、アルコールに漬け込むのが可能かどうかも問題です。

因みに、エタノールが殺菌に効果を示す濃度は60~95%ですが

エタノールは揮発します。

 

つまり、時間と共に濃度は薄くなるということ。

 

だから、エタノールでカビを殺菌したいなら

揮発しないように密閉した環境で(ラップをかけたり袋詰めしたり)、少なくとも2.5分は漬け込まないといけないのです。

 

というわけで、消毒用アルコールを使ってカビを殺菌する方法・コツをまとめると

濃度は60~95%の消毒用アルコール(エタノール)で、アルコールを揮発させないようにして、2.5分~30分ほど漬け込む。

ということになります。

普通に考えて、難しいですね。(;´∀`)

 

余談ですが、上の表から考えると

消毒用アルコールにイソプロパノールを含んでいても、いなくても関係なさそうですね。

 

・・・・・

いやいやいやいや、ちょっと待って!

消毒用アルコールって、スプレーで売られていることが多いのに

2.5分以上漬け込まないとカビを殺菌できないなんて

「普通に使うとカビには効果はないです!」って表記してよ!って思いませんか?

 

でも・・・仕方ないんです。

実はカビって、細菌じゃないんです。

だから、消毒用アルコールを作っているメーカーは

表記する必要はないのだと思います。

 

じゃあ、カビって何だよ?!

 

スポンサーリンク

カビは普通の細菌とは違う!アルコールがカビ殺菌に効果がない理由

カビルンルン、バイキンマン、などのイメージが強いカビ。

てっきりバイキンだから「細菌」だと思われているかもしれません。

 

でも、カビは細菌より進化した生き物、「真菌」なのです。

 

カビ(真菌)は、分類上植物ではありませんが、植物のような細胞壁を持っています。

つまり、丈夫なのです!

 

細胞内も、細菌より高等生物に近い構造になっています。

 

 

アルコール(消毒用によく使われるエタノール)は

細菌などに浸みて、細胞膜を壊します

細胞膜が壊れると、細胞内のタンパク質が溶け出したり

タンパク質の変性(構造が変わる)が起きて、殺菌できるというわけです。

 

つまり、アルコールは「細胞膜に浸みて細胞を壊す」ことで殺菌する効果があるのです。

 

しかしカビは真菌で、丈夫な細胞壁を持っています。

その細胞壁にアルコールが浸みて、(主な)カビの細胞を壊すためには、2.5分~30分ほど必要、というわけです。

だから、消毒用アルコールがカビの殺菌に「効果はある」けど、家庭でアルコールが揮発しないように2.5分~30分も漬け込むのは難しいから

「効果がない」

と思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

カビにアルコールが効果があるかどうかをまとめます。

消毒用アルコールは、普通にスプレーするだけでは、カビの殺菌には効果がない

でも、2.5分~30分漬け込むことによって、カビを殺菌することができる。

ただ、表面に見えるカビを雑巾などで拭けば、一応キレイにはなるし

カビ以外の細菌や酵母なら15秒くらいで殺菌できるので、消毒用アルコールは便利な物です。

私はいつも常備してますよ!

※消毒用アルコール(エタノール)は可燃性なので、火のないところで使いましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

こちらもおすすめ↓

カビを食べると毒?体内で増える?取り除けば大丈夫?カビ毒や食中毒について

【ガス漏れ】都市ガス(メタン)・LPガス(プロパン)は空気より重い?軽い?

カナブンとコガネムシの違いって何?!見分け方とエサ・見つかる場所の違い

水中シャボン玉【自由研究】小学・中学・高校可!原理や研究のまとめ方を紹介

カタツムリの目は触覚の先って本当?どんな見え方をする目なのか

マムシに噛まれるとどうなるの?応急処置やマムシの外見の特徴とは

 

スポンサーリンク