ここでは中学生のために

  • 読書感想文におすすめの本
  • 課題図書に選ばれた本
  • あらすじ・登場人物
  • 読書感想文の書き方とコツ

を、まとめています。

本選びや、読書感想文の書き方について迷った時に、参考にしてください。

 

2019年の課題図書

2019年度の課題図書から紹介します。

「サイド・トラック」あらすじ/読書感想文の書き方と流れ&登場人物

アメリカの作家、ダイアナ・ハーモン・アシャーさん著の「サイド・トラック」は、2019年中学生の読書感想文課題図書です。

ADD(注意欠陥障害)の少年の成長物語です。

小さなことからコツコツと!

わかっていても、なかなか出来ないものですが、大切なことなのですよ。

・・・と、感想文に書けば、大人たちは喜ぶでしょう。

努力と友情をテーマに感想文を書くなら、ぜひおすすめしたい本ですね!

「サイド・トラック」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「サイド・トラック」あらすじ/読書感想文の書き方と流れ&登場人物まとめ

 

 

「ある晴れた夏の朝」読書感想文の書き方とアイデア&あらすじ

アメリカ在住の作家さん・小手鞠るいさん著の「ある晴れた夏の朝」は、2019年の読書感想文課題図書(中学生)です。

 

この本は、アメリカの高校生たちがディベートするお話です。

しかも、ディベートの内容は、太平洋戦争の時、アメリカが日本に原爆を投下したことについて。

アメリカ側の言い分、否定派、肯定派の意見。

誰が正しくて、誰が間違ってるとかじゃなく、それぞれの立場で主張している背景にも注目してくださいね。

個人的には、天国の被爆者の前で堂々と主張できる内容なら、一番の正解かな…なんて思いました。

と、感想文に書くと先生に褒められるかも?!

「ある晴れた夏の朝」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「ある晴れた夏の朝」読書感想文の書き方とアイデア&あらすじ

 

 

「星の旅人」あらすじ•読書感想文の書き方と例

歴史小説が得意な作家さん・小前亮さん著の「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」は、2019年の読書感想文課題図書(中学生)です。

伊能忠敬とその仲間たちが、蝦夷地を測量した時のお話です。

歴史と科学マインド、さらに生き方について深く考えられる本ですよ。

 

理系を目指す中学生に、ぜひ読んでもらいたい!

もちろん文系を目指す中学生も大満足の、冒険要素ありです。

この本を読んだら伊能忠敬のファンになること間違いなしです!

・・・じゃなくて、読書感想文のネタが多くて、どのネタで書くか迷うに違いない!!!

「星の旅人」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「星の旅人」あらすじ•読書感想文の書き方と例

 

2018年の課題図書

続いて2018年度の課題図書を紹介します。

「千年の田んぼ」あらすじと読書感想文の書き方

石井理津子さん著の「千年の田んぼ」は、2018年の読書感想文課題図書でした。

山口県の見島という島の、謎がテーマになってます。

見島の田んぼやため池の形が、1000年前から続いていたなんて・・・

日本と近隣諸国との関係や歴史、米作りの歴史など、教科書に出てくる歴史の話と違って頭に残ります。

いや、教科書の歴史も頭に残さないといけないけど!

今後、見島がどう変わっていくのかも想像して、読書感想文を書いても良いですね。

「千年の田んぼ」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「千年の田んぼ」あらすじと読書感想文の書き方!辺境は国防の要所!

 

「105度」あらすじと読書感想文の書き方

イタリア在住のプロダクトデザイナーで児童文学作家の佐藤まどかさん著の「105度」は、中学3年生の少年が主人公です。

イスのデザインを通して

  • 進路についての悩み
  • 人間関係
  • 仕事の厳しさ

など、学びが盛りだくさんのお話です。

進路について考えることも多い中学生にも高校生にも、もちろん保護者の皆さんにも、おすすめの本です。

 

「105度」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「105度」あらすじと読書感想文の書き方をまとめました

 

「太陽と月の大地」あらすじまとめと読書感想文の書き方

スペイン国籍の児童文学作家・コンチャ・ロペス=ナルバエスさん著の「太陽と月の大地」は、16世紀のグラナダ(スペイン)を舞台となっています。

イスラム教とキリスト教の人たちの争いが描かれています。

宗教が違うと、人間はこうも分かり合えないものなのか…

そもそもの人間という生き物の器が小さいからなのか、中学生なら自分の意見もたくさん出てくるはず!

まずは正しくなくても良いので、自分の意見をまとめると、良い感想文になりますし、文化の違う人を理解するきっかけになるかもしれませんよ。

「太陽と月の大地」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「太陽と月の大地」あらすじまとめと読書感想文の書き方!宗教・身分差別、人間の普遍的テーマです

 

2017年の課題図書

続いて2017年度の課題図書を紹介します。

「月は僕らの地球港」の読書感想文の書き方&ヒント

タイトルの通り、月についてのお話です。

小説じゃなくて、これまでの月の探査や今後の調査・開発について、プロの目線で書かれています。

将来、人間と月との関係ってどうなるのかなぁ…とワクワクします。

技術者や科学者など、当事者は大変かもしれませんが、やっぱり夢があるなー!

 

「月は僕らの宇宙港」の読書感想文の書き方について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「月はぼくらの宇宙港」読書感想文のヒント・書き方のポイント

 

その他のおすすめの本と感想文の書き方

続いて課題図書ではないけれど「中学生が読書感想文を書くならぜひおすすめしたい本」を紹介します!

「天地ダイアリー」読書感想文の書き方&あらすじ

ささきありさん著の「天地ダイアリー」は、中1の少年が主人公のお話です。

閉ざされた人間社会・学校では、今も昔も存在するスクールカースト。

「スクールカースト」なんて、よくこんなぴったりの言葉を当てはめたものだと思います。

気がついたら。スクールカーストの最下層にいた少年は、いつもマスクをつけていました。

そして「なんやかんや」で成長して、マスクをつけずに学校に行けるようになりました。

この「なんやかんや」が読書感想文のポイントになるので、ぜひぜひ深掘りしてくださいね!

 

同年代の中学生だからおすすめの本ですよ。

「天地ダイアリー」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「天地ダイアリー」読書感想文の書き方&あらすじ・中学1年生の成長物語に共感!

 

「クローンドッグ」で読書感想文!あらすじとテーマ・感想文の書き方の例

児童書のノンフィクション作家・今西乃子さん著の「クローンドッグ」は、2018年の新しい作品です。

タイトルからして、「クローン」について考える本ではあるのですが、

  • いじめ
  • 動物虐待
  • 盲導犬と盲導犬になれる確率

など深く考えずにはいられない内容が、沢山あります。

クローンといえば、中国が眠れない遺伝子を持つ猿をクローンで作って研究してて、命をもの扱いしていると非難されていましたが・・・

ともかくクローンは、まだまだ課題が山積みのジャンルなのです。

君も一緒に考えよう!

 

「クローンドッグ」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「クローンドッグ」で読書感想文!あらすじとテーマ・感想文の書き方の例

 

「イクバルの闘い」あらすじと読書感想文の書き方アイデア

イタリア人作家のフランシスコ・ダダモさん著の「イクバルの闘い」は、新しい本ではないのですが、2019年に新装版が発行されました!

パキスタンの児童労働のお話。

イクバルは優秀な少年で、その生涯を児童労働との闘いに捧げました。

親の借金で子供が売られるのもショックですが、子供ながらにな闘わなければならない社会にも、物申したいことはいくらでも出てきますね。

日本だけじゃなく、世界を視野に生きていかないと…

心が動く分、感想文も書きやすいですよ。

 

「イクバルの闘い」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「イクバルの闘い」の読書感想文!書き方アイデア・あらすじと結末も

 

「みかづき」の読書感想文の書き方

児童文学作家・森絵都さん著の「みかづき」は、2019年1月にNHKでドラマ化されていましたね。

昭和時代に古くからあった塾を経営する家族のお話です。

公立学校の教育に対する疑問・反発や、民間の塾だから起きる問題と、どちらもじっくり考えることができます。

あとは、優秀な親を持つ子供の悩みや反発にも、共感できるんじゃないでしょうか?

特に思春期の中学生諸君、「自分がこの家の子供だったら・・・」と想像しながら読むと、感想文を書きやすいと思いますよ。

 

「みかづき」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「みかづき」の読書感想文の書き方・教育について熱く語ろう!

 

「明日の子供たち」読書感想文の書き方とヒント・あらすじ

有川 浩(ありかわ ひろ)さん(女性です)著の「明日の子供たち」は、児童養護施設の子どもたちと、先生たちの物語です。

とても読みやすい文体で、読書慣れしてない人でもサクサク読めます。

途中、涙無くして読めません!

ハンカチ必須の物語なので、電車では読めませんよ。嗚咽漏れるから。

 

就職でも進学でも、両親のように頼れる大人がいないと、どんなに大変なのか。

普通に生きていくために、どれだけの覚悟と強さが必要なのか。

「困難な境遇の子供たちを助けたい」と思っている先生たちの葛藤も、しっかり読み取って頂きたい!

感想文関係なく、読んでほしい本です!!!

 

「明日の子供たち」のあらすじ・読書感想文について、詳しくはこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓

「明日の子供たち」読書感想文の書き方とヒント・あらすじ&結末ネタバレだけでも感動

 

 

スポンサーリンク